1歳5ヶ月、積み木遊びが出来るようになった。

育児グッズ

こんにちは。

ほしママです。

 

1歳5ヶ月になったコボシは、最近積み木遊びに夢中です。

毎日、色々な形の積み木を使って、様々な形や建物を作っています⭐️

積み木遊びは、手先の器用さや創造力を育てるのにとても良いと聞きました!

コボシも楽しそうに遊んでいるので、私も嬉しいです。

 

形にしたものを見て感動🥹✨

うちの子コボシは、1歳4ヶ月で積み木を積めるようになりました!✨

最初は、ほしパパが積み木を積んでいって、こうやって遊ぶんだよと教えてあげて、

その翌日、積み木をコボシの目の前に置いていると・・・自分で積んで遊んでいました!

棒のような積み木を2つ縦に重ねただけですが、すごく成長を感じ感動☺️

こんなに手先を器用に動かせるようになったんだなぁと、ビックリです!

☟私の母がプレゼントしてくれた積み木です🎄🎁

木でできているため、手に持ってしっくりくる感じです。

角も削ぎ落とされてて安心。

子供がガシガシ叩きすぎても、壊れないのでその点も良いです🙆‍♀️

 

 

一緒に積み木で遊ぶことで、コミュニケーションが深まる!

コボシと一緒に積み木で遊んでいると、自然と笑い合ったり、一緒に形にすることで楽しいを共有出来ることを

コボシが理解していっているような気がしています。(1人で作るより、刺激になっていると思います)

「楽しいね」「次は何を作る?」とか会話(?)やり取りしながら遊ぶことが楽しくなってきました。

まだコボシは、積んだり壊したり、本能のまま遊んでいるだけだけど・・・

自分で作ったものを嬉しそうに見ているコボシは、自分で出来るんだという自信になっていればいいなと思います。

そこまで理解しているかは分かりませんが、今は楽しみながら色々刺激になれば嬉しいです。

積み木の良さ✨

子供の積み木遊びは成長に良い影響を与えるらしく、私は積極的にコボシに積み木遊びをさせようと思いました。

なぜなら、積み木遊びは以下のようなメリットがあるからです。

創造力や想像力を育てる。自分の思い描いたものを積み木で形にすることができ、色や形の組み合わせやバランス感覚も養われるとのこと。

集中力や忍耐力を高める。積み木を積んだり崩したりすることに夢中になることで、一つ一つの積み木に注意を向けるということが集中力や忍耐力が身に付く。

手先の器用さや協調性を向上させる。積み木を持ったり動かしたりすることで、手先の器用さや動作のコントロールの向上。また、他者と一緒に積み木遊びをすることで、協調性やコミュニケーション能力も身につくとのこと。

 

 

以上のように、積み木遊びは子供の成長に良い影響を与えるらしいのです。

もちろん、子供の興味や好みに合わせて、他のおもちゃや遊びも提供してあげることが大切だと思います。

積み木遊びはシンプルでありながら、子供の成長に需要な学びを秘めた遊びだと思います。

 

皆さんもぜひ、子供に積み木遊びをさせてみてください。

 

✳︎〜✳︎過去記事✳︎〜✳︎

思い出に残そう!

初ブロック遊び

コメント