真夜中の闘い

育児ばなし

こんにちは。

ほしママです。

 

最近、困っていることがありまして・・・

コボシが夜中から明け方に頻繁に起きて泣きじゃくっていまうんです💦

色々な対策を試してみたんですが、なかなか上手くいかないので大変です😞

 

夜泣きって隣近所に聞こえるんじゃないかとか、自分も寝たいのに子供を落ち着かせなくてはならなくて・・・とかとても辛い時期ですよね😭

真夜中に起こされて、ミルクや抱っこしてあやしたり、オムツを取り替えたり・・・

本当にしんどくて「早く泣き止んで!」と気持ちも焦ってしまいます。

今回は、そんな子供の夜泣きに悩まされている人たちに役立つかもしれない情報をシェアできたらなと思います。

夜泣きの正体

まず、夜泣きの正体は人それぞれですが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

腹痛や歯痛などの身体的な不快感
寒さや暑さなどの環境的な不快感
恐怖や不安などの精神的な不快感
過剰な刺激や興奮による興奮状態
睡眠サイクルや生活リズムの乱れ

と様々あるようなのですが・・・

ベビちゃんは話せないので、泣いて訴えます。

大人の私たちが原因を探らなくてはいけません。

それから夜泣きは赤ちゃんの発達段階や個性によっても違うようですし、親の対応や環境にも影響されるようなので、こちらも必死で対策を練りたいです。

それ以外にも、ベビちゃんが寝る前に不安やストレスを感じていることが多いらしいので、その点もリラックスさせて寝かしつけると良いようです。

寒さによる不快感なのかもしれない・・・

急激に気温が下がって、部屋の中もシンシンと冷たくなったからなのか・・・

もちろん、寝る時は寒くならないように暖かくして、パジャマも下着もモコモコの厚みがある感じのを着せています。布団もシートを暖かい肌触りのいいモコモコの素材のをひいています。その下には電気マットがあるので、対策はバッチリだと思いました。

しかし、今のこの冬の時は朝方がもっとも冷え込んでしまいますよね。

大体起きる時間は、24時ごろや2時〜5時が多いです。やっぱり深夜から朝方ごろがしっかりとした対策を練らないといけないと気づきました。

うちでやっている対策としては・・・

夜間の授乳やオムツ替えは静かに素早く行う
寝る前にはリラックスできる音楽や絵本を読んであげる
寝室は暗くして温度や湿度を適切に保つ
日中は十分に遊んであげて活動量を確保する
定期的に昼寝をさせて睡眠不足にしない
起床時間や就寝時間を決めて規則正しい生活リズムを作る

これらのことを実践しています。

その結果、以前より起きる回数が減ってきました!

なかなかすんなりと寝てくれることはないですが、原因が分かるまで探っていくしかないんだなと感じました。

夜泣きするのは仕方ない?

結局、この夜泣き時期を乗り越えていくしかないようです。

ベビちゃんや幼児の気持ちに寄り添ってあげることが大切です。

無視したり叱ったりすると、かえって不安や恐怖を増幅させてしまうので、抱っこしたり声かけしたりして安心させてあげることが大切のようです😀

自分自身もストレスを溜め込まないように、パートナーや家族に協力してもらったり、必要なら専門家に相談したりすることも大事だと聞きます。

夜泣きは辛いですが、一時的なものだということなので、一緒に乗り越えていきましょう!

 

✳︎〜✳︎過去時期✳︎〜✳︎

1歳5ヶ月で話す言葉

コボシのお喋り

コメント