無痛分娩を振り返ります。

育児ばなし

ほしママです。

今回は、1年前を思い出して

無痛分娩のことを書きたいと思います。

 

私が通っていた産婦人科は、

無痛分娩か自然分娩が選べて、

尚且つ

無痛分娩の処置の料金がかかりませんでした。

 

私は、

痛みにものすごく弱いので

(歯医者でも、口が震えてしまうくらい・・・)

無痛分娩を選択しました。

その選択には

ほしパパも賛成してくれました。

ですが、

ほしママのママ世代には

無痛分娩という文化が

まだあまり理解されていないので

反対&心配されてしまいました。

各国の無痛分娩の考え方

日本ではあまり普及していない無痛分娩。

ですが、欧米・ヨーロッパの国々では、

産後の回復が早いということで主流となっているようです。

なぜなら、産後の入院期間の短さが関係していることも。

欧米・ヨーロッパの分娩施設には

専門の麻酔科医がいることも

主流となっていることの理由としてあります。

日本で無痛分娩が広まらない理由として、

忍耐を美学とする国民性があるようです。

痛みに耐えてこその出産。

痛みがあるから我が子へ愛情が湧く。

無痛分娩とは甘えている。

などの考え方が影響しているとされています。

出産時の痛みの有無と

我が子への愛情は医学的根拠はないのに、です。

しかし現在、痛みなくストレスのかからない出産

を希望する妊婦さんも多くなりつつあるようです。

ただ、まだ日本では無痛分娩を可能とする施設や

医師の不足で、まだまだ割合は低いことが現状。

それに、麻酔を必要とする出産には

リスクも伴っていることもあるので

無痛分娩への理解は、

まだ広まらないのでしょうか。

無痛分娩のメリット

  • 回復が早い
  • 痛みを感じにくい
  • 痛みのストレスを感じにくい

無痛分娩のデメリット

  • 分娩の進行に時間がかかる
  • 下半身に麻酔がかかっているため、排泄がしずらい
  • 麻酔の効果が効きにくい場合がある

 

無痛分娩の流れ

定期的に陣痛がきてから、

麻酔を入れてもらいます。

(それまでの陣痛は耐えなければいけません。汗)

私は、破水が午後2時ごろあって

陣痛が深夜2時ごろから

1分おきにきて、

通っている産婦人科に連絡。

すぐに入院して、

その3時間後に定期的に陣痛がきだして、

背中の骨あたりに麻酔チューブを入れてもらい

痛みが治り、

少し仮眠が取れるようになりました。

3時間ほど寝て、

子宮口が開き出したので

分娩室に。

そこからが長くて・・・

痛みが強くなってきたら

麻酔を足してもらい、耐えました。

(まだ子宮口が全開じゃなかったので)

なかなかベビちゃんが降りてこなかったので

吸引で引っ張ることに。

陣痛がきたと同時に、

せーの!で、

先生方が私の上に乗って

お腹をギューと押してきて、

ベビちゃんを引っ張ります。

なかなか出てきてくれなくて・・・

3回くらい同じタイミングでトライしてみます。

本当にキツくて

「死ぬ!無理無理!」って声を出してしまいました。

お昼頃、やっとの思いで

ベビちゃんの頑張りもあって

地上に出てきてくれて

「オギャー!」の声が聞けました。

麻酔チューブ

無痛分娩で怖かったのが

背中にチューブを入れるということでした。

背中を海老のように丸め、

動かないようにして

先生が極細のチューブを入れていきます。

しかし、

全然痛くなく、違和感もなく

チューブを入れる作業は終わりました。

先生が麻酔専門だったこともあると思います。

最後に

ほしママ的には、

無痛分娩を選んで良かったなと思いました。

産んだ後の体力が温存できた

というのもありますが、

そもそも、もし自然分娩だったら

あの痛みに耐えられたのか・・・

本当に自然分娩で産んだ、お母様方

すごくすごく尊敬します。

 

デメリットは色々あるけど、

お陰様で

コボシは元気に順調に育っているし

結果今回の出産は、

無痛分娩にして良かったと感じています。

ほしママのママ友も

無痛分娩を選択した子も数人いて、

だんだんと選択するママさんも

増えているんだなと実感しました。

無痛分娩を選んだから、

出産をあまり頑張っていないと

感じる人もいるかもしれませんが、

出産前には、自然分娩と変わらずに

毎日30分ウォーキングはしていたし

病院がかなり厳しかったため

太らないようにも自己管理は徹底していました。

出産に向かう決意は、

自然分娩を選んだ方と変わらないくらい

努力はしたと思います。

どっちを選んでも

大切な命をこの世に産み出すことは

大変な経験なのだなと

感じました。

 

大切な出産に向けて、

後悔のない選択をしていただきたいです。

この記事が参考になっていただけたら

幸いです。

コメント